ファクタリングを理解しよう
2019年5月21日

ファクタリングを活用することで安定経営を実現

ファクタリングによる売掛金の現金化には多くの経営者の方が良くないイメージを抱いているものですが、売掛金を早期に現金化するファクタリングは欧米では一般的な資金繰りの手段になっています。

経営状況が悪く早期に現金を手に入れる必要がある場合でも、取引先によっては支払いサイトが数ヶ月に及んでしまったりと資金繰りに窮してしまうケースも珍しくは無いものです。ファクタリングを用いていけば支払いサイトを待つことなく取引先への売掛金を現金に換えていくことが可能になります。経営状況により早急に運転資金が必要になったり、設備投資の必要が生じてしまう場合は多いものです。

銀行などの金融機関へ融資の依頼を行うにしても、担保の提示や保証人を用意するなどの煩雑な手続きが伴っていくのも実情です。ファクタリングを活用することで運転資金に悩むことの無い安定した経営を実現出来るようになるのです。売掛債権を現金に換えるための期間はファクタリング会社によって変わってきますが、どこの会社でも平均して数週間程度の短期間で換金を行うことが可能になっています。新たな借入金の増加ではありませんのでバランスシート上に負債が増えることも無く、財務状態が健全なまま経営状態の改善を行っていくことが可能になります。

売掛先の取引先が倒産したとしても支払い義務が生じていくことが無い場合も多く、安心して経営資金の調達が出来る点も売掛債権を現金化することのメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *