ファクタリングを理解しよう
2019年5月15日

ファクタリングは手形割引よりリスクが少ない

ファクタリングは売掛債権を売却したり譲渡したりすることによって、入金日を待つことなく現金を調達することが可能な取引です。

大手銀行や信用金庫も提供している立派な金融商品の1つで、手形割引と感覚的に近い資金調達方法になります。利用する人は売掛金を譲渡することによって現金を入手することが出来ますが、売掛金の金額に対して一定の比率の掛け目が手数料として割引されることになる訳です。手形を担保にして資金を貸し出してもらう手形割引との違いは、不渡りを出すリスクがないことになります。

ちなみに手形割引は手形の資産価値を与信に融資してもらう仕組みなので、その手形の資産価値がなくなってしまったときに融資してもらった資金を全額返済する義務が発生してしまうのです。そしてファクタリングは割合、短い時間でお金を手に入れることが可能なので、急いで資金を調達する必要があるときに非常に適している方法になります。売掛先の企業の信頼性と売掛金の金額に重きを置いているので審査も自分の会社の財務状況に影響を受けにくく、財務状況が悪くて金融機関から融資してもらうことが出来ないときにも効果がある取引方法です。

3社間ファクタリングは自分の会社と売掛金を引き取る会社、売掛先会社で契約を締結する取引となります。取引にまつわる全ての会社が売掛金を譲渡することを承諾するので、中でも大手の金融機関が運用するファクタリングでは主流となっている仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *