ファクタリングを理解しよう
2019年5月12日

迅速な資金調達が出来るファクタリング

ファクタリングは契約上はサービス会社に債権を譲渡したり売却したりすることであり借り入れではないので審査が迅速で、なおかつ借り入れ金の返済が滞ったり社会保険料や税金を滞納していても影響しにくいという特徴があります。

その上にファクタリングは貸金業には当てはまらないので民間会社も、たくさん参入してきていてもっと早くもっと安くという競争が激しくなることによって、利用する人たちの利用しやすくなっていることもポイントです。特に民間系の会社が運営する場合は対応が柔軟で最も短い場合は申し込んだ翌日に入金をしてくれるなど、銀行系の会社が運営するサービスや金融機関から融資してもらうしてもらうための審査と比べると圧倒的な速さを実現しています。

ファクタリングと手形割引は売掛金としての収入が確定していること与信に、お金を調達する意味では同じです。大幅に異なるのは手形割引は手形を担保にして融資してもらう方法なのに対して、ファクタリングは売掛金自体を譲渡したり売却したりするので不渡りになる危険性がありません。将来的に支払いが確約されている手形ですが、手形を発行した会社が不渡りを発生させたり倒産してしまったときには価値がなくなってしまいます。

ですので不渡りを避けるために、ファクタリングを利用する会社もあるほどです。原則として検収が住んでいて、入金される日が決まっている売掛金ならば業種に関係なく買い取ることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *