ファクタリングを理解しよう
2019年4月21日

事業資金を調達する様々な選択肢

ビジネスを行う上では設備投資を行ったり取引先に仕入れ代金を支払うなど、様々な場面で資金が必要になります。

確かにあらかじめ支払金額が確定している固定費の場合には、企業が留保している資金の中から支払うことも可能です。しかし通常よりも大きな事業資金が必要なときには、銀行やノンバンクなどから融資を受けるのが一般的です。最も気軽に利用できるのは、消費者金融などが提供している小口の事業資金向けの融資です。融資枠の範囲内であれば何度でも利用できるサービスは、特に運転資金の確保で困ることが多い店舗経営者にも最適です。

季節によって売り上げの変動が激しい業種であれば、繰り返し利用できる事業資金向けのローンを利用するメリットは非常に大きいです。しかしビジネスを拡大する目的で積極的に資金を調達したいと考える企業にとっては、長期間利用できる低金利の融資を見つけることが大きな課題です。担保不要のローンの金利は15パーセントを超えるのが一般的ですが、不動産を担保として使うと低金利で融資が受けられます。

法人向けにサービスを提供している不動産担保ローンの会社に相談するのが、店舗や工場などの建設に必要な資金を確保する最善の方法です。ビルや土地などを活用して融資を受けている企業も多いですが、資産価値のある物件を保有していない場合には不動産担保ローンは利用しづらいのが実情です。けれども保有しているトラックなどを担保として活用できる融資プランであれば、運送会社もスムーズに資金調達が行えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *