ファクタリングを理解しよう
2019年4月18日

部門別の事業資金の調達のポイント

工場の製造ラインや配送用のトラックなどが必要な企業は、事業を行う場合には目的に合わせて各種融資を活用しています。

また事業資金を借り入れるときには、長年にわたって取引関係にある銀行に相談するのが一般的です。しかし事業資金の融資を行っている会社は様々であり、セクターや利用目的に合わせて上手に使い分ける傾向も強まっています。とりわけクリニックや病院の経営者が興味を持っているのは、地元の金融機関が提供している医療機関向けのローンです。

医療機関向けのローンの融資上限額は1億円以上のケースが多く、開業を予定している医師も利用できるのが魅力的です。設備投資や家賃の支払いなどにも使えるので、クリニック経営で必要な様々な事業資金を効率的に調達することも可能です。そしてマンションや分譲住宅の開発を進めている不動産会社も、用地取得や建設用の資金を積極的に借り入れています。物件の販売に成功すると借入金は返済できるので、融資期間は長くても数年程度の場合が多いです。銀行も不動産会社向けに融資を行っていますが、審査が次第に厳しくなっているのが実情です。

そのような中で注目度が高まっているのは、ノンバンクの不動産会社向けの各種ローンです。従業員が数名程度の個人経営の飲食店の資金調達は、金額が100万円前後で借入期間も短期が中心です。したがって審査が簡単でウェブで申し込める、消費者金融系のサービスへの需要が高まっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *