ファクタリングを理解しよう
2019年4月12日

事業資金調達に使える不動産担保ローン

不動産担保ローンは用途が幅広く設定されており、事業資金目的で借りる方が少なくありません。

実質年率6~8%程度で融資している金融機関もあり、キャッシングよりもかなりの低金利です。無担保のキャッシングは金利を抑えるにも限界がありますので、有利に事業資金を調達したい方には不動産担保ローンをおすすめします。優遇金利キャンペーンなどを活用することにより、さらに金利を引き下げることも可能です。銀行系の金融機関は信頼性が高く、事業資金の借入先として適しています。もちろん銀行から直接借りたほうが低金利ですが、審査のハードルはかなり高くなっています。

少しでもハードルを抑えて借りるためには、銀行系の金融機関がおすすめです。不動産担保ローンの多くは用途不問であり、事業資金として活用できるメリットがあります。キャッシングも多目的が売りになっていますが、事業資金には対応していないケースが少なくありません。事業目的は除くなどと記載されていれば、借りることはできないわけです。

不動産担保ローンは開業資金や納税資金としても活用できますし、他社借入先をまとめるためにも役立ちます。例えば高金利のビジネスローンを活用している方なら、一本化して金利を下げるとよいでしょう。金利が高いと利息が増えてしまうので、利息節約のためにも定期的な見直しをおすすめします。不動産担保ローンは長期返済に対応したプランがあり、中には35年返済ができるところもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *