ファクタリングを理解しよう
2019年4月6日

事業資金とはどういったお金か

事業資金とは何かというと、主に事業の為に使われる為のお金で、事業の立ち上げや運営等に用いられる事が多いです。

例えば事業を継続させる為に必要な仕入れ費や設備投資費、従業員の人件費等様々です。この資金がなければ会社を運営し続ける事が出来ないので、常に確保しておかなければならない非常に大切な存在でもあります。事業資金は大きく分けると開業資金と設備資金、そして運転資金に分けられます。まず開業資金は、事業を開業させる為に必要なお金で、一番調達するのが難しいです。

何故なら銀行等の金融機関から融資を受けようとしても、まだ何も実績がない為、中々資金融資を受ける事が出来ない事が多いからです。融資が受けらないので、自分の貯金を使ったり友人や家族から借りるというケースも少なくありません。設備資金は、事業を行うに当たり、必要な設備への初期投資に使われるお金の事です。例えば新しい事務所の為に使われる不動産の購入費用や登記費用、パソコンやコピー機の購入費用等が該当します。

これも意外と資金が必要となるので、融資が受けられないとかなり厳しいです。運転資金は、事業経営を続けていく為に必要なお金の事です。主に家賃や人件費、光熱費や商品や資材の仕入れ費等が該当します。また会社がある程度軌道に乗るまでに必要なお金もこれに含まれます。ただこの運転資金の為の融資は、事業資金や設備資金に比べると比較的審査が通りやすいのが特徴です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *