ファクタリングを理解しよう
2019年4月3日

事業資金について知っておきたいこと

事業を起こしたい、起業家になりたい、といった場合にまずはお金が必要です。

会社を立ち上げるために必要なお金を事業資金と呼んでいます。事業資金と似ているようで異なるものに運転資金があります。事業資金は事業を行うのにさしあたって必要な初期投資金のことです。事務所や店舗など不動産関係、パソコンや事務機器などを設置するのに必要な費用のことになります。一方運営資金は日々の事業に必要な資金のことで、水道光熱費や人件費、通信費用などが含まれています。事業資金を用意するにあたってまずはお金がどのくらい必要なのかを計算する必要があります。

そのためにはどういう企業内容でどのように運営していくのかを文章化した事業計画書があるとよいでしょう。また今手持ちの資金がどのくらいあって、どのくらいの融資が必要なのかということも計算する必要があります。親戚や親族から借りることができるお金があればそれも資金として有用することができます。さらに事業資金が手持ちのお金だけでは足りないとなれば金融機関から融資を受けることが必要です。

その場合事業の利益を考慮しながら、何年かけて返済できるのかを想定します。金融機関には都市銀行や地方銀行あるいは信用金庫、ノンバンク系などさまざまなものがあります。いずれにしても融資を受ける場合には返済義務があるので、利息を含めた返済計画を綿密に立てることが大事です。税理士に相談して見るのも一つの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *