ファクタリングを理解しよう
2019年3月21日

医療におけるファクタリングの有効性とデメリット

ファクタリングはビジネスの世界では売掛金によるキャッシュフローを改善するために使用される方法ですが、医療の現場に置いても同様にファクタリングは経営を改善するために非常に有効な手段として広く利用されています。

病院で診療を受ける場合には保険診療が主ですが、自己負担分は患者が窓口で費用を現金で支払い、残りの保険負担分は診療報酬請求という方法で病院が保険に請求を行い、この分の支払いが最短でも40日程度かかるので、その間は病院には現金の収入が無い状態になるのです。これはビジネスの世界における売掛金と同じで、現金収入が無いためキャッシュフローが悪化する原因になるのです。その為、病院の中ではファクタリングを用いて保険診療分を債権に見立て、この債権を担保に現金を早期に入手するという手法が行われます。

医療のファクタリングはビジネスの場合と異なり、担保が保険となるので基本的に不払いのリスクが低く、そのため現金化出来る割合が非常に高いため効率よく利用できるので比較的利用しやすいのが良いところです。しかしファクタリングを利用する場合には辞める際のリスクを認識しておくことが非常に重要です。

本来の入金日よりも早期に現金化するため、これを止めた場合には本来の保険負担分が入金されるまで野『期間は現金収入が無いことになります。診療報酬の請求は毎月一回となるので、最長2カ月間は現金が入らない状態になるため、その支払いなどに耐えられる現金を保有しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *