ファクタリングを理解しよう
2019年3月18日

ファクタリングとはどんな制度なのか~メリットも含め

どんな事業でも顧客にサービスを提供する代わりに得る対価は非常に重要なものです。

それはこの対価が事業所にとっては利益となり、新たな事業資金となったり、人件費などになるためです。一般的には、この対価はサービス提供と同時に支払われるのが基本です。しかし事業の種類などによっては、このふたつの間に時差が生じることもあります。多いのは医療事業、介護事業です。これはこうした事業には、医療であれば健康保険が、介護であれば介護保険が関係しているためです。こうした事業においては、各保険によってサービスの対価の何割かが負担されているためです。

そしてその支払いを事業者側が受けるためには、申請をして、それが受理される必要があります。そのためサービス提供と対価の支払いまでに時差が生じます。しかしファクタリングと呼ばれる制度を利用すると、この時差を解消することができます。これはファクタリング事業者が、支払われていない対価であるところの債権を指定の割合で買い取り、その買い取った金額を事業者側に支払うためです。ファクタリングはどのような事業に対しても適用させることが可能です。

そしてそのメリットとしては、まず融資とは異なるため金融機関の審査を受ける必要がないと言う点が挙げられます。また当然、担保や保証人も不要です。また融資の場合はあくまでも借り入れと言うことであり、債権としては膨らんで行ってしまいます。しかしファクタリングは、未来に支払われる予定の利益を先取りして受け取ると言うシステムです。ですから、融資とは異なる扱いをすることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *